{{{ 広報誌TRY 事業報告 }}}

広報誌TRY 事業報告 一覧

2013.10.079月例会「YEG活動を充実させるために、商工会議所のことを知ろう!」

9月例会「YEG活動を充実させるために、商工会議所のことを知ろう!」

サブテーマ「きっと見つかる素晴らしい関係性」 総務親睦委員会が担当しました9月例会は「YEG活動を充実させるために、商工会議所の事を知ろう!」と題しまして、 YEGの目的・理念、及び商工会議所の具体的な活...

つづきを読む

2013.09.058月例会「経営力の向上は脳の活性化から!」

8月例会「経営力の向上は脳の活性化から!」

日々めまぐるしく変化する経営環境や経済環境の中、 我々経営者および幹部社員は、目指す方向に組織を導くため、様々な事柄に対してスピード感を持って的確な判断を行うことが求められます。 それには“脳” の...

つづきを読む

2013.08.067月例会「ビア&カフェぼんち村〜想いを一つに!成功させよう!新・ぼんち村!〜」

ビア&カフェぼんち村

7月例会は「北見ぼんちまつり」の協賛事業「ビア&カフェぼんち村」の企画運営を北見YEGのプロジェクトが中心となり行いました。 昨年同様、営業日数及び休日・お手伝いスタッフへの「割り引き券の発行」・イベ...

つづきを読む

2013.07.086月例会「料理でコミュニケーション」

6月例会「料理でコミュニケーション」

総務・親睦委員会が担当しました6月例会は、「料理でコミュニケーション」と題しまして料理を通じて親睦を図る例会を開催いたしました。 市川会長率いる三委員会体制も2年目に入り、各委員会内部での結束力は高...

つづきを読む

2013.06.065月例会「北見YEGの魅力を発信!!〜発進!北見YEGまつり〜」

5月例会:北見YEGの魅力を発信!〜発進!北見YEGまつり〜

本例会では、第1部で「北見YEGまつり」開催の事業計画(案)の発表を行い、 第2部では場所を移動し、メンバー一丸となるべく意気込みを語る場を設けました。 第1部では、北見YEGの魅力を発信する為に先ずは...

つづきを読む

2013.05.074月例会「人材をどう育てるか」

北一食品株式会社代表取締役 前田康仁氏

研修委員会担当の4月例会は、企業を活性化させるための人材育成について取り上げました。 企業にとって、人を育て、戦力として活躍してもらうことは必要不可欠ですが、なかなか思うように育たない、教育方法が...

つづきを読む

2013.04.083月例会「平成24年度 卒業式」

平成24年度卒業式

3月例会は卒業式を執り行い、今年は5名の卒業生全員に参加して頂く事が出来ました。 第一部に「卒業式」、第二部には「送る会」という二部構成にて実施し、 第一部の卒業式では卒業証書・記念品の授与の後、送...

つづきを読む

2013.03.062月例会「北見YEGの魅力を発信!!」

2月例会「北見YEGの魅力を発信!!」

YEG魅力発信委員会では、過去2回の例会を開催し、北見の魅力や発信方法を検討してまいりました。 沢山の意見や発信方法などについて検討してまいりましたが、今の北見YEGでは、市民にまず自分たちを知って頂く事...

つづきを読む

2013.02.061月例会「新年会〜親睦深め更なる飛躍を!」

1月例会「新年会〜親睦深め更なる飛躍を!」

1月に開催致しました青年部の新年例会には、辻副会頭をはじめとする御来賓の皆様とOB会の先輩の皆様、そして会員の皆様にも多数御出席を頂きました。 例会は御来賓の辻副会頭のご挨拶から始まり、(公社)北見青...

つづきを読む

2013.01.0712月例会「コミュニケーション能力を高めよう!」

12月例会「コミュニケーション能力を高めよう!」

コミュニケーションの目的は、互いの価値観や情報など、様々なものを共有することです。 リーダーとして目指す方向に組織を導くためには、互いを理解し価値観を共有できるように伝える力が大切だと考えます。 ...

つづきを読む

2012.12.0611月例会「魅力を発見パート2」

11月例会「魅力を発見パート2」

サブテーマ「再確認しよう!! 外から見た北見の魅力」 前回の例会では、 北見YEGメンバーから多数の意見を出していただき自分たちの住むこの北見とYEGの魅力を確認いたしましたが、 本例会では北見以外で暮らし...

つづきを読む

2012.11.0610月例会「北見YEG全員と友達になろう!」

10月例会「北見YEG全員と友達になろう!」

総務親睦委員会が行った10月例会は、5月例会に引き続き親睦を主題としました。 5月例会では委員会内の親睦を、10月例会では委員会外の親睦とコミュニケーションに焦点を当てました。 総務としての題材でありま...

つづきを読む